引っ越し料金がどれくらいか知りたい!安くしたい!

引越しの準備の中には、引越し業者の選定も含まれます。どの引越し業者を選ぶかによって、その引越しがうまくいくかどうかが決まります。ここでは、引越し業者を選ぶ時のポイントや、どうすれば料金を安くできるのかなどについて説明していきます。

 

引越し業者の選び方

まずは引越し業者を選ぶ時のポイントについてです。全国には大手の引越し業者から地域密着型の中小業者までたくさんの引越し業者があります。大手では、引越しのサカイやアート引越センターなどが有名ですね。また、引越し専門の業者ではなく、運送業者による引越しサービスを選ぶという手もあります。例えば、有名なのところですと、日本通運(日通)やクロネコヤマト、福山通運などがそれにあたります。

また、大手業者と中小業者にも違いがあります。大手業者はやはり安心感や信頼度が高く、最初の引越しなどではほとんどの方が大手の業者を選ぶのではないでしょうか。大手業者は、サービス内容の充実度が高かったり、オプションサービスが豊富にそろっている点などが大きなメリットとなります。特に、タイプ別に合わせた引越しプランの充実度や、無料で選べるオプションサービスの内容、有料サービスの中にも良いサービスがあったりします。ただ、料金の面や、融通が利くかどうかといった点においては中小業者に軍配があがることも多いです。

料金面では、おそらく中小業者の方が安く引越しできる可能性が高いでしょう。大手にはブランド力があり、安心感や信頼度で選ぶ人も多いので、料金はある程度安くはなりますが、格安というところまではいきません。中小業者は、大手業者に勝たないといけないので、大手よりも料金の面で安くなるところが多いのです。サービス内容などではやはり大手の方が有利な面が多いので、どうしても料金で差をつけようとする中小業者の方が引っ越し料金では安くなることが多いようです。

プランを見極める

必ずあなたの引越しに合ったプランがどこかの業者にあるはずです。単身の引越し、荷物が多めの単身引越し、2人での引越し、家族3人・4人・5人の引越しなど、まずは荷物の量がどの程度なのかということを基準にした引越しプランがありますので、一番マッチしたものを選ぶ必要があります。

例えば単身引越しであれば、日通の単身パックやクロネコヤマトの単身引越しサービスなどが有名です。これらのプランは、専用のボックスを使われることが多く、そのボックスに入りきる量なら運んでくれるというプランです。もちろんボックスの追加も可能です。

通常の引越しよりも単身プランは圧倒的に安くなります。通常の引越しプランは、トラック一台を使って引越しを行います。当然、その分の料金がかかります。ですが、単身プランの場合は、専用のボックスが他の荷物と一緒に運ばれます。一台のトラックに、色んな人の単身プランのボックスが積み込まれるということですね。ですから、1人の引越しに対して1台のトラックを使うよりも当然料金は安くなります。単身引越しパックが安い業者が、クロネコヤマトや日通なのは、彼らが運送業者だからです。引越しの荷物も通常の配達の荷物も同時にトラックで運ぶことができますし、全国にネットワークがありますから、それぞれの支店をうまく中継していくことで最短ルートで荷物を運ぶことができるのです。

単身引越しの場合は、運送業者が展開する単身プランを選ぶのがおすすめです。料金は、ボックス1つにつきいくらというようにとても明確です。あとは移動距離との合算で料金は割り出されます。

運送業者を使うメリットとしては、配達の時間指定ができるというところも大きなポイントです。通常の配達時に時間指定が出来る様に、引越しの際にも時間指定をすることができます。引っ越し直後にすぐ予定がある場合などは時間指定ができるとスケジュールも立てやすくなるのでおすすめです。

 

家族での引越しの場合は、どこまで業者に依頼するかが大きなポイントです。荷造りは自分たちでするのか、荷造りは頼んで荷解きは自分たちでやるのか、荷造りから荷解き・後片付けまですべてお願いするのかなど、どのプランを選ぶかによって自分たちでする作業内容や料金が大きく変わってきます。

例えば、引越しのサカイの場合、荷造り・荷解き・新居の清掃まですべてお任せの「らくらくコースプレミアム」、荷造り・荷解き・家具の設置などもお任せの「らくらくAコース」、新居での小物の荷解きだけ自分たちで行う「らくらくBコース」、食器類と大型家具・家電の荷造り・荷解きをサカイのスタッフがやってくれる「らくらくCコース」などがあります。

引っ越し準備に時間を使える人は、依頼する作業が少ないプランで料金を節約しても良いでしょうし、忙しい人はちょっと料金は高くなるけどすべてお任せのコースを選ぶのも良いでしょう。家族が多くなればなるほど、荷物が多くなればなるほど、引越しの準備・後片付けは大変です。うまく業者サービスを利用して、負担になりすぎないプランを選ぶことが重要です。

その他のプランとしては、引越し日の指定をしない代わりに料金が半額程度まで安くなる「ご一緒コース」や、大型家具以外はすべて自分たちで作業をする「せつやくコース」などがあります。これは、業者によって内容は異なりますので、必ず複数の業者のプランを見比べて決めることが重要です。

 

女性専用のプランもあり

最近では、女性スタッフのみで作業を行ってくれるレディースプランなどもあります。引越しの作業を行うのはどうしても男性が多くなりますが、女性の社会進出に伴い、女性の一人暮らしの引越しも増えてきました。引越しをする女性としては、男性には見られたくない荷物などもありますよね。だから、安心して引越しの作業を任せられるレディースパックが誕生したんです。

通常のプランよりは料金は高くなりますし、地域によっては対応していないところもあったりと、まだまだ融通の利かない部分があるのも事実ですが、徐々に利用者も増えて、そのサービスが世間的にも浸透しつつあります。業者の中には、スタッフのほとんどが女性だけで構成されている業者もあるくらいですので、どうしても女性のスタッフに作業をお願いしたいという方は、探せば必ず見つかるでしょう。

 

引っ越し料金を安くするなら一括見積り

引っ越し料金を一番簡単に安くする方法は、一括見積りを使うことです。

一括見積りサービスとは、複数の業者に一括で見積もり依頼ができるというものです。業者選びの手間が省けることも大きなメリットの1つですが、最大のメリットは料金が安くなることです。

一括見積りをすると、複数の業者から見積もりを受け取ることができます。当然その見積もり料金には差があるので、安い業者を選べばよいということになります。ですが、一括見積りの本当のメリットは、単なる比較ではないんです。

絶対に引っ越し料金が安くなる理由の1つに、業者間のお客様争奪戦があります。これは何かというと、一括見積りを使って見積依頼をすると、依頼を受けたすべての業者は、その依頼が一括見積りによるものだとわかっています。だから、他の依頼されたライバルとなる業者よりも料金を安くしようとするのです。サービスの内容はもちろんですが、結局は安いところを選びますよね?だから業者も、あなたに選んでもらうためにギリギリまで料金を安く見積もるのです。

こちら側が値引きの交渉をする必要もなく、業者側が勝手に値引きをしてくれるということですね。これが引っ越し料金が安くなる最大の理由です。

引越し 安い

 

引っ越し料金は、一括見積りをすることで最大半額程度まで安くなることもあります。1社だけに直接見積もり依頼をした場合は、業者間の争いによる値引きは行われませんので、絶対に安くはなりません。一括見積りサービスは無料で使えるので、ぜひ一度利用してみてください。もちろん、一括見積りで知った業者から選ばなくても大丈夫です。ただ、一括見積りは、あなたが住んでいる地域の業者最大10社へ一括で見積もり依頼をすることができるので、ほとんどの場合は結局その中から選ぶことになります。せっかくなら値引きしてもらった料金で契約できればお得ですよ。