電化製品の搬出準備、使用周波数について

このページでは、引越しの際に搬出が大変な電化製品の準備について、そして、東西によって変わる使用周波数についても触れていきたいと思います。

静岡県富士川と新潟県糸魚川で分かれる使用周波数

引越しの準備として一番に行わなければならないことは、現在使用している家財道具などを自分で搬出するのでなければ、引越し業者と契約することではないでしょうか。そして、現在の住居と同じ市区町村内での移動ではなく、特に静岡県の富士川と新潟県の糸魚川を結んだ線を越境しての引越しである場合には、その移動が東西どちらであるかにかかわらず、電化製品の周波数に注意が必要です。

それというのも、地域によって50Hzと60Hzの周波数の違いがあり、境界線での東西の違いで周波数の違う電化製品は、使用することが出来ないからなのです。ところが、うっかりそれを忘れて電化製品を搬出し、せっかく引越し先に運んでも、地域の周波数の違いから使えないのでは、引越し代金の大変な無駄になってしまいます。そこで、引越し業者に見積もりを取ってもらう前に、これから引越しする先の地域の周波数を確認するとともに、現在の地域と周波数が違っている場合には、家電製品に貼りつけられている周波数の対応状況も確認する必要があります。

50Hz?60Hz?それとも…

対応状況は、50Hzで使用できるものと、60Hzで使用できるものと、50Hz・60Hzのどちらでも使用できるものの3種類に分けられますが、分からない場合には電化製品のメーカーのサポート窓口へ問い合わせることをおすすめします。なお、最近の電化製品は、インバーター回路を内蔵しているために、どちらの地域でも使える製品であることが多くなっているので、違いによって電化製品の取り換えを行うことは、実際に少なくなっています。

地域の周波数の違いによる電化製品への具体的な影響は、モーターを内蔵した家電品において、モーターの回転数が違ってしまうために起こる性能の変化だといえます。先ほども書いたように、現在の電化製品のほとんどはインバーター回路の内臓により、周波数帯に関係なく、日本全国どこでも使用できるようになっています。しかし、古い電化製品になればなるほど、東西での周波数の違いが故障の原因になることがあるので注意が必要です。

また、電化製品に愛着がある場合は、買い替えるよりも部品を交換する方が安く済む場合も考えられますので、自分での判断が難しいときには、まずはメーカーに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

熱帯魚の引越しについて

引越しの荷造りの中でも大変なものの1つに、熱帯魚の引越しがあります。引越し業者で、熱帯魚の運搬を引き受けてくれる業者はなかなかないので、専門の業者に頼むか、自分で運ぶかのどちらかになります。このページでは、熱帯魚の引越し方法について簡単に紹介していきたいと思います。

引越し業者はやってくれないor高額

引越しをする際、どうしてもペットと一緒だと手間がかかってしまいます。とくに難しいといわれるのが、熱帯魚や金魚などの魚類の移動です。

引越業者のほとんどの場合、植物も含めて生き物を運送することは行なっておらず、行なっていたとしても費用が高額になってしまうケースが多いです。距離によっては、専門業者に依頼する方が安心ですが、できるだけ自力で運びたいというときにはしっかりした準備をしていくことが大切です。

水槽のままは運べない?引越しに必要なモノとは?

なるべく飼っている環境を変えずに運ぶのは理想的ですが、水槽のまま運ぶということは難しいため工夫が必要となります。

熱帯魚の運び方としては、携帯用の酸素スプレー、魚を入れるビニール袋、ビニール袋を入れるための発泡スチロールの箱またはクーラーボックス、砂を運ぶためのダンボール箱や水槽の包装材、携帯カイロや保冷剤を用意します。

熱帯魚を一匹ずつ飼育水と一緒にビニール袋に煎れ、水が漏れないように二重にして酸素ガスを注入して輪ゴムて口を固く結びクーラーボックスなどに詰めて運びます。水槽の飼育水をポリタンクなどにつめ、砂や水槽などを梱包していきます。

転居先についたら、水槽のセッティングを行ないます。水槽を設置後に電気系統や配管にトラブルがないかをチェックして、異常がなければ人工海水の素や砂、ポリタンクの中の飼育水などを入れて、しばらく殻運転していきます。

殺菌灯などを使用している場合には運転後30分程度経ってからスイッチを入れ、さらに30分以上待って水温が安定したらゆっくり魚を戻していきます。

戻してすぐに餌を与えるのではなく、病気になっていないかなどをチェックしてから、徐々に通常のペースに戻していきます。

金魚を運ぶ時も基本的には同じでOK

金魚を運ぶ時の方法も同様です。一匹ずつビニール袋に入れていきます。数が多いという場合には、クーラボックスに飼育水を入れて金魚を移して持って行くという方法もあります。

飼育水はなるべく多く運んでおくとストレスが軽減させることができます。また、水槽やろ過装置、砂利などは洗わずに乾燥させないで移動させることで、水槽内のろ過バクテリアを死滅させることなく元々の水槽の環境を保ちながら運ぶことが理想的です。

近距離であれば自分で運ぶことは可能ですが、それ以外なら専門業者に運んでもらうことをおすすめします。梱包などを自分で行なえば後は、搬出・輸送・搬入だけ頼むことのできるコースなどもあります。

飼えないからといって川や池などに放流してしまうということは絶対にしてはいけないことです。家族の一員として、大切に運んであげましょう。

仏壇の引越しについて

大変な引越しの準備の1つに仏壇の引越しがあります。大切に扱わなければいけない仏壇の引越しには注意しなければいけないことがたくさんあります。ここでは、そんな仏壇の引越し準備について触れていきたいと思います。

魂抜きと魂入れについて

引越しをするため仏壇も新居に運ばなければならないですが、一般的な梱包やただ移動させるだけではいけません。
仏壇は移動する前に魂抜きが必要となり、その後も魂入れをしなければならないので専門家に頼む必要があるのです。

引越しで仏壇を運ぶための準備として一番大事になるのが魂抜きです。自分自身の宗派の僧侶に依頼する必要があり、近くの宗派の寺に連絡を入れまして住職さんを呼ぶことになります。

呼んだ時には交通費、お茶代、お布施が必要となりますので、それ相応の金額を用意しておかなければなりません。金額はそれぞれの地域などで違ってきますので、確実に知りたい方は連絡した際に聞いておくと良いでしょう。

引越し費用は通常費用プラス一万円を目安に

このようにして準備段階の魂抜きをした後は引越しになりますが、その費用も通常からプラスアルファになることが多いです。通常の費用から1万円程度増額になるのが相場になっていますので、それも計算に入れておいてください。

運ぶときは横に倒さない

梱包は傷つかないようにしっかりとして貰えたら良いのですが、運ぶ時の方法は横に倒さないようにしてください。立てて運ぶことがベストであり、トラックに載せてからも倒れないように固定しなければなりません。

また引越し業者に依頼するのではなく、仏壇を購入したお店に依頼するということも可能な場合もありますので、相談してみたら良いでしょう。

位牌や御本尊は自分で運ぶ

仏壇の中身で最も大切になる位牌やご本尊は絶対に紛失したり、壊れたりしてはいけないものですから段ボールに入れて梱包して業者に運んでもらうのではなく、ご自身で持って移動するようにしてください。

魂抜きは、早めにしておいてもOK

基本的に魂抜きは引越しの当日でも良いのですが、忙しくなることが多くバタバタしますから1週間前から準備しておいても問題はありません。その際は1か月前ぐらいお寺に電話をして予約しておくのが良いでしょう。

このように引越しで仏壇を移動する場合は魂抜きが必要になりますので準備が大切となることを覚えておきましょう。また、荷物の中でも非常に大切なものの1つですから、不安な場合は引越し業者に依頼せずに、仏壇を購入した専門のお店に依頼するのも1つの方法です。

破損することが絶対にないように気をつけて準備、引越しをしましょう。

 

 

テレビ・パソコン・その他電子機器の梱包について。配線の整理など

荷造りの際に、どのように梱包すればよいか悩むテレビやパソコンなどの電子機器。このページでは、衝撃に弱い電子機器の梱包方法について紹介していきたいと思います。

引越し直前まで利用する家電や電子機器

引越しが決まる事で、家の中の在る全ての家財道具を荷造りする事になりますが、洋服や食器などは普段利用しないものからダンボール箱に詰めて行くことで荷造りを進めて行くことが出来ますが、直前まで利用する事が多い家電品類は引越し前日に梱包準備を行うケースが多く在ります。

パソコンを初め、オーディオ機器やテレビなどの電化製品は、引越し直前まで利用する事になりますが、引越しの前日若しくは当日に直ぐに梱包出来るように緩衝材の用意をしておくのがお勧めです。

エアーキャップ(プチプチ)を利用する

ノートパソコンなどの場合であれば、ダンボール箱に緩衝材を詰めておく方法がありますが、デスクトップタイプなどの場合は、本体をプチプチとも呼ばれているエアーキャップを使って包んであげるだけで良いのです。

また、テレビやモニターなどもエアーキャップを使って包んであげれば、輸送中にどこかにぶつけても安心ですし、他の荷物が当たってしまっても液晶が駄目になってしまう事も在りません。

配線をまとめておく

オーディオ機器などの場合、色々な配線が在り、テレビなどと接続している場合などでは、一つの箱に配線材をまとめておくのがコツです。また、この箱の中にはテレビのリモコンやオーディオ機器のリモコンなども一緒に入れておけば、開封する時にリモコンは何処にあるのか、電源ケーブルは何処に閉ったのかなど、片端からダンボールの箱を開けると言う事が起こり難くなります。

尚、冷蔵庫や洗濯機、エアコンと言うのは業者の人が毛布などを利用して包んだ状態で輸送してくれますが、冷蔵庫は前日に中身を全て出しておくこと、そして電源ケーブルを抜いておいて、一晩かけて冷凍庫内の氷を溶かしておくことが大切です。

また、氷が溶ける事で冷蔵庫のトレーに水が溜まるので、翌朝にその水を捨てておくようにします。

尚、冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機などの電化製品はアース線と呼ばれている配線材が在りますが、このアース線も先ほど同様に1つのダンボール箱にまとめて入れておけば安心です。

 

テレビ・パソコンなどの電子機器は、衝撃を受けても大丈夫なように、新聞紙や発泡スチロールなどではなく、エアーキャップを必ず使うこと。そして、配線類やリモコン類は1つにまとめておくことが重要です。

 

ワレモノ・刃物などの梱包方法、おすすめ緩衝材など

引越しの荷造り・梱包の際に、どのように梱包すればよいのか迷うのが、刃物や割れ物などです。このページでは、これらのデリケートに扱うべき刃物・割れ物の梱包方法や、おすすめの緩衝材などについて触れていきたいと思います。

刃物や割れ物には注意が必要

引越しをするときには、すべての荷物を運び出さなくてはなりません。大事なものは丁寧に梱包をするようにして、壊れないように準備をしましょう。特に割れ物に関しては、衝撃で壊れることがないように丁寧に梱包をするようにして荷造りをしていく必要があります。

思い出の品などの場合には壊れたらまた買い直せばいいというものばかりではありませんので、気を付けて梱包をしていくことです。そして刃物なども運び出すときには注意が必要です。

梱包の仕方が悪ければ、荷物を運び出す際に大けがをしてしまうことになりかねませんので、特に注意しておきたいものになります。

緩衝材の使い方、資材について

ワレモノを荷造りするときのコツとしては、緩衝材を使う方法があります。緩衝材を使うことによって、衝撃を和らげることが出来ますので、割れにくくすることが出来るからです。

簡単に用意できる緩衝材になるものには、新聞紙がありますので、一つ一つ丁寧に包むようにして、壊れないようにしましょう。

例えばお皿などを新聞紙で梱包したら段ボールに詰め込んでいくようになりますが、段ボール箱の中のお皿通しの間に隙間が出来てしまうと、揺れが大きくなることになり、割れやすくなってしまいます。緩衝材を使っているから大丈夫という過信は危険ですので、少しでも揺れが少なくなるように、隙間に新聞紙を丸めたものを詰めていくようにしましょう。

そして包丁などの刃物も丁寧に包むようにして、段ボール箱に詰めていくようになりますが、このときにも隙間が出来ないように詰めなくてはなりません。そしてガムテープでしっかりとふたが開かないようにしたら、どこから見てもわかるように、刃物、キケン、などを書いておくことが大切です。すべての箱に、中身が何であるかを記しておく必要がありますが、特に割れ物や刃物などが入っている箱には、分かりやすく表示しましょう。

一目でわかるように記載しておくことによって、荷物を運び出すときに慎重に運ぶようになりますので安全に運ぶことが出来ます。荷解きのときに壊れていてショックを受けないようにするためにも、丁寧に梱包をしておきましょう。