テレビ・パソコン・その他電子機器の梱包について。配線の整理など

荷造りの際に、どのように梱包すればよいか悩むテレビやパソコンなどの電子機器。このページでは、衝撃に弱い電子機器の梱包方法について紹介していきたいと思います。

引越し直前まで利用する家電や電子機器

引越しが決まる事で、家の中の在る全ての家財道具を荷造りする事になりますが、洋服や食器などは普段利用しないものからダンボール箱に詰めて行くことで荷造りを進めて行くことが出来ますが、直前まで利用する事が多い家電品類は引越し前日に梱包準備を行うケースが多く在ります。

パソコンを初め、オーディオ機器やテレビなどの電化製品は、引越し直前まで利用する事になりますが、引越しの前日若しくは当日に直ぐに梱包出来るように緩衝材の用意をしておくのがお勧めです。

エアーキャップ(プチプチ)を利用する

ノートパソコンなどの場合であれば、ダンボール箱に緩衝材を詰めておく方法がありますが、デスクトップタイプなどの場合は、本体をプチプチとも呼ばれているエアーキャップを使って包んであげるだけで良いのです。

また、テレビやモニターなどもエアーキャップを使って包んであげれば、輸送中にどこかにぶつけても安心ですし、他の荷物が当たってしまっても液晶が駄目になってしまう事も在りません。

配線をまとめておく

オーディオ機器などの場合、色々な配線が在り、テレビなどと接続している場合などでは、一つの箱に配線材をまとめておくのがコツです。また、この箱の中にはテレビのリモコンやオーディオ機器のリモコンなども一緒に入れておけば、開封する時にリモコンは何処にあるのか、電源ケーブルは何処に閉ったのかなど、片端からダンボールの箱を開けると言う事が起こり難くなります。

尚、冷蔵庫や洗濯機、エアコンと言うのは業者の人が毛布などを利用して包んだ状態で輸送してくれますが、冷蔵庫は前日に中身を全て出しておくこと、そして電源ケーブルを抜いておいて、一晩かけて冷凍庫内の氷を溶かしておくことが大切です。

また、氷が溶ける事で冷蔵庫のトレーに水が溜まるので、翌朝にその水を捨てておくようにします。

尚、冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機などの電化製品はアース線と呼ばれている配線材が在りますが、このアース線も先ほど同様に1つのダンボール箱にまとめて入れておけば安心です。

 

テレビ・パソコンなどの電子機器は、衝撃を受けても大丈夫なように、新聞紙や発泡スチロールなどではなく、エアーキャップを必ず使うこと。そして、配線類やリモコン類は1つにまとめておくことが重要です。