ワレモノ・刃物などの梱包方法、おすすめ緩衝材など

引越しの荷造り・梱包の際に、どのように梱包すればよいのか迷うのが、刃物や割れ物などです。このページでは、これらのデリケートに扱うべき刃物・割れ物の梱包方法や、おすすめの緩衝材などについて触れていきたいと思います。

刃物や割れ物には注意が必要

引越しをするときには、すべての荷物を運び出さなくてはなりません。大事なものは丁寧に梱包をするようにして、壊れないように準備をしましょう。特に割れ物に関しては、衝撃で壊れることがないように丁寧に梱包をするようにして荷造りをしていく必要があります。

思い出の品などの場合には壊れたらまた買い直せばいいというものばかりではありませんので、気を付けて梱包をしていくことです。そして刃物なども運び出すときには注意が必要です。

梱包の仕方が悪ければ、荷物を運び出す際に大けがをしてしまうことになりかねませんので、特に注意しておきたいものになります。

緩衝材の使い方、資材について

ワレモノを荷造りするときのコツとしては、緩衝材を使う方法があります。緩衝材を使うことによって、衝撃を和らげることが出来ますので、割れにくくすることが出来るからです。

簡単に用意できる緩衝材になるものには、新聞紙がありますので、一つ一つ丁寧に包むようにして、壊れないようにしましょう。

例えばお皿などを新聞紙で梱包したら段ボールに詰め込んでいくようになりますが、段ボール箱の中のお皿通しの間に隙間が出来てしまうと、揺れが大きくなることになり、割れやすくなってしまいます。緩衝材を使っているから大丈夫という過信は危険ですので、少しでも揺れが少なくなるように、隙間に新聞紙を丸めたものを詰めていくようにしましょう。

そして包丁などの刃物も丁寧に包むようにして、段ボール箱に詰めていくようになりますが、このときにも隙間が出来ないように詰めなくてはなりません。そしてガムテープでしっかりとふたが開かないようにしたら、どこから見てもわかるように、刃物、キケン、などを書いておくことが大切です。すべての箱に、中身が何であるかを記しておく必要がありますが、特に割れ物や刃物などが入っている箱には、分かりやすく表示しましょう。

一目でわかるように記載しておくことによって、荷物を運び出すときに慎重に運ぶようになりますので安全に運ぶことが出来ます。荷解きのときに壊れていてショックを受けないようにするためにも、丁寧に梱包をしておきましょう。