仏壇の引越しについて

大変な引越しの準備の1つに仏壇の引越しがあります。大切に扱わなければいけない仏壇の引越しには注意しなければいけないことがたくさんあります。ここでは、そんな仏壇の引越し準備について触れていきたいと思います。

魂抜きと魂入れについて

引越しをするため仏壇も新居に運ばなければならないですが、一般的な梱包やただ移動させるだけではいけません。
仏壇は移動する前に魂抜きが必要となり、その後も魂入れをしなければならないので専門家に頼む必要があるのです。

引越しで仏壇を運ぶための準備として一番大事になるのが魂抜きです。自分自身の宗派の僧侶に依頼する必要があり、近くの宗派の寺に連絡を入れまして住職さんを呼ぶことになります。

呼んだ時には交通費、お茶代、お布施が必要となりますので、それ相応の金額を用意しておかなければなりません。金額はそれぞれの地域などで違ってきますので、確実に知りたい方は連絡した際に聞いておくと良いでしょう。

引越し費用は通常費用プラス一万円を目安に

このようにして準備段階の魂抜きをした後は引越しになりますが、その費用も通常からプラスアルファになることが多いです。通常の費用から1万円程度増額になるのが相場になっていますので、それも計算に入れておいてください。

運ぶときは横に倒さない

梱包は傷つかないようにしっかりとして貰えたら良いのですが、運ぶ時の方法は横に倒さないようにしてください。立てて運ぶことがベストであり、トラックに載せてからも倒れないように固定しなければなりません。

また引越し業者に依頼するのではなく、仏壇を購入したお店に依頼するということも可能な場合もありますので、相談してみたら良いでしょう。

位牌や御本尊は自分で運ぶ

仏壇の中身で最も大切になる位牌やご本尊は絶対に紛失したり、壊れたりしてはいけないものですから段ボールに入れて梱包して業者に運んでもらうのではなく、ご自身で持って移動するようにしてください。

魂抜きは、早めにしておいてもOK

基本的に魂抜きは引越しの当日でも良いのですが、忙しくなることが多くバタバタしますから1週間前から準備しておいても問題はありません。その際は1か月前ぐらいお寺に電話をして予約しておくのが良いでしょう。

このように引越しで仏壇を移動する場合は魂抜きが必要になりますので準備が大切となることを覚えておきましょう。また、荷物の中でも非常に大切なものの1つですから、不安な場合は引越し業者に依頼せずに、仏壇を購入した専門のお店に依頼するのも1つの方法です。

破損することが絶対にないように気をつけて準備、引越しをしましょう。