電化製品の搬出準備、使用周波数について

このページでは、引越しの際に搬出が大変な電化製品の準備について、そして、東西によって変わる使用周波数についても触れていきたいと思います。

静岡県富士川と新潟県糸魚川で分かれる使用周波数

引越しの準備として一番に行わなければならないことは、現在使用している家財道具などを自分で搬出するのでなければ、引越し業者と契約することではないでしょうか。そして、現在の住居と同じ市区町村内での移動ではなく、特に静岡県の富士川と新潟県の糸魚川を結んだ線を越境しての引越しである場合には、その移動が東西どちらであるかにかかわらず、電化製品の周波数に注意が必要です。

それというのも、地域によって50Hzと60Hzの周波数の違いがあり、境界線での東西の違いで周波数の違う電化製品は、使用することが出来ないからなのです。ところが、うっかりそれを忘れて電化製品を搬出し、せっかく引越し先に運んでも、地域の周波数の違いから使えないのでは、引越し代金の大変な無駄になってしまいます。そこで、引越し業者に見積もりを取ってもらう前に、これから引越しする先の地域の周波数を確認するとともに、現在の地域と周波数が違っている場合には、家電製品に貼りつけられている周波数の対応状況も確認する必要があります。

50Hz?60Hz?それとも…

対応状況は、50Hzで使用できるものと、60Hzで使用できるものと、50Hz・60Hzのどちらでも使用できるものの3種類に分けられますが、分からない場合には電化製品のメーカーのサポート窓口へ問い合わせることをおすすめします。なお、最近の電化製品は、インバーター回路を内蔵しているために、どちらの地域でも使える製品であることが多くなっているので、違いによって電化製品の取り換えを行うことは、実際に少なくなっています。

地域の周波数の違いによる電化製品への具体的な影響は、モーターを内蔵した家電品において、モーターの回転数が違ってしまうために起こる性能の変化だといえます。先ほども書いたように、現在の電化製品のほとんどはインバーター回路の内臓により、周波数帯に関係なく、日本全国どこでも使用できるようになっています。しかし、古い電化製品になればなるほど、東西での周波数の違いが故障の原因になることがあるので注意が必要です。

また、電化製品に愛着がある場合は、買い替えるよりも部品を交換する方が安く済む場合も考えられますので、自分での判断が難しいときには、まずはメーカーに問い合わせてみてはいかがでしょうか。