ハトのマークの引越センターで単身引越し!

ハトのマークの引越センターで引越しをしました。

僕にとっては初めての引越でした。同時に初めての異動だったのでストレスで非常に疲れました。でもハトのマークの引越センターで引越しをしてとても良かったと思っています。

まず僕が選んだプランは、小鳩プチトラパックというプランです。輸送は貸し切りのトラックで行う近距離の引越用のプランとなります。

大阪府内での引越しだったので(豊中市から大阪市内)、移動距離は短く、このプランが僕にはピッタリだったように思います。

運べる荷物の量は、そこまで多くないと思います。おそらく一人暮らしでもベッドやソファも全部運びたい人には不向きなプランだと思います。ハトのマークの引越センターのウェブサイトにも書いている通り、小鳩プチトラパックは、あくまでも荷物が少ない人の近距離引越しプランなので、大きな家具や家電を運びたいという人にはおすすめできません。

僕の場合は、実家からの引越しだったので、ベッドなどの大型家具については新居に引越ししてから買いそろえるつもりでしたので、運ぶ荷物といえば、仕事関連の書類やスーツなどの衣服の他、書籍類やオーディオ関連の機器が少しという感じでした。食器やキッチン用具などは、実家のものを持ち出すわけにはいかないので、新しく購入しましたし、冷蔵庫や洗濯機、電子レンジなども同じです。全く初めて一人暮らしをするという引越しだったので、日常生活に必要な家具家電類はほぼすべて新しく買いました。だから引越しで運ぶ荷物はとても少なかったですね。

 

気になる料金ですが、同一都道府県内で、荷物の量が専用ボックス1個分相当だったので、料金は15000円(税別)でした。トラックの1台使っての引越しなのにこんなに安いんだとちょっとびっくりしましたが、実際に料金もこれとほぼ変わらずだったので嬉しかったです。

僕の場合は問題なかったですが、時間指定をできないことや、祝祭日指定ができないことなどが、デメリットといったところでしょうか。もし仕事などの関係で荷物到着の時間指定をしたい場合は、このプランではできません。

 

今回の引越では荷物が少なかったのでこのプランで大丈夫でしたが、もうちょっと荷物が多くなると、「青春引越便」というプランがおすすめのようです。小鳩プチトラパックや通常の小鳩パックに比べて積載量の多いボックスを使用するので、かなりの荷物が積めるようです。さすがにベッドやソファーやテーブルまでは運べませんが、冷蔵庫や洗濯機、電子レンジ、テレビなどに加え、衣装ケースや段ボール箱、布団なども入るようなので、もし荷物の量から見て小鳩プチトラパックじゃ無理そうだなと思う方はこちらの青春引越し便をチェックしてみるとよいと思います。

ちなみにこの青春引越し便は時間指定がデフォルトでついているので、配達時間の指定をしたい方にもピッタリだと思います。

 

ハトのマークの引越センターは、料金設定が分かりやすくて良いです。変に追加料金を取られることもありませんでしたし、特に問題なく引越しを済ませることが出来ました。どうもありがとうございました。またお願いしたいと思います!